いろいろな銀行の多様な使い方

東日本銀行の多様な使い方

東日本銀行の強力な定期預金

東日本銀行は数多くの預金商品を取扱っていますが、利用目的によって適切な商品が異なります。たとえば普段の生活に活かせる機能が揃っている普通預金はお財布のように使うことができ、貯蓄預金は基準残高を超えると適用金利が上がるため簡単な貯蓄に最適です。積立定期預金は毎月決まった金額を積み立てることができる貯金箱のような商品です。これらの商品を組み合わせてお金を管理することで、生活に役立てることができるのです。

数ある東日本銀行の預金商品のなかでも特に人気なのが定期預金です。口座開設の際に預入期間を決めて期間中の払い戻しをできなくする商品で、預金商品のなかで最も適用金利が高いのが特徴です。金利が高いと満期日に受け取れる利息が多くなるため、お金を増やすために定期預金を利用する人が多いです。東日本銀行も金利優遇キャンペーンを行ったり、ロト6などの宝くじを付けたサービス商品を提供したりして新規の利用者を増やしています。

定期預金のオススメは預金王という特別優遇金利の定期預金です。最低でも500万円以上預けなければならないため多額の余裕資金がないと利用できませんが、適用金利が他の商品と比較して非常に高いです。マイナス金利の影響で預金商品の店頭表示金利を下げる金融機関が出てきているなかで、高金利の定期預金は貴重です。固定金利なので、万が一預入期間中に市場金利が下がっても口座開設時の金利が適用されるのもポイントです。

円預金の金利が下がると予想して、外貨定期預金や国債を利用する人もいます。商品にもよりますが外貨定期預金や国債は預金商品よりも高金利なので、個人投資家からの人気が高いのです。東日本銀行の米ドル建て外貨定期預金は預金王並みの高金利でありながら、預入金額の下限が低く自己資金が少なくても使えるという利点があります。ただし外貨定期預金の利用には手数料が必要ですし、市場金利が急に変動する可能性もあるため店舗窓口で商品の説明を聞いてから口座開設したほうが安心です。