いろいろな銀行の多様な使い方

東日本銀行の多様な使い方

東日本銀行の色々な住宅ローン

東日本銀行の住宅関連ローンは種類が多く、単に物件を購入するときだけでなく借り換えや住み替えの際にも利用することができます。住宅ローンは多くの金融機関が取扱う人気商品であるため商品同士の競争が激しく、申し込みの前に複数の商品を比較したり、一度契約してからもっと条件の良いローンに変える利用者が少なくありません。様々な用途に対応した住宅関連ローンを取扱う東日本銀行は、商品を比較する上で強力な選択肢になります。

東日本銀行の住宅ローンのなかでオススメするのは、おてがる住宅ローンです。通常の住宅ローンに比べると融資金額と融資期間が少なく、自己資金が多い利用者や小規模な増改築、住宅ローンに係る諸費用などに最適な商品です。住宅ローンというと多額の費用を借りるイメージがありますが、少ない金額だけが必要というケースもあります。そんなときに役立つのが、おてがる住宅ローンなのです。

融資限度額1000万円、融資期間の上限は20年とリフォームローン並みの機能しかないおてがる住宅ローンは、一見すると通常の住宅ローンに取って代わられそうですが、事務取扱手数料などの諸手数料が安いため低コストでの借入が可能という利点があります。住宅関連費用が1000万円以内でおさまる場合はおてがる住宅ローンを検討するとよいでしょう。しかし利用条件は厳しく、審査も厳格に行っているので小規模なローンであっても油断は禁物です。

住宅ローンにおいては固定金利の人気が高いため、変動金利しか選択できず金利優遇もないおてがる住宅ローンはパッと見不自由に思えます。しかし金融機関の間で住宅ローンの金利を引き下げる動きがあるため、市場金利に合わせて金利が変動する変動金利は逆に注目が集まっています。金利が下がると支払う利息が少なくなり、最終的な返済金額をおさえることができるため、金利が低くなるタイミングを見計らって申し込みましょう。