いろいろな銀行の多様な使い方

東日本銀行の多様な使い方

東日本銀行のリバースモーゲージ

数年前から取扱う金融機関が増えているリバースモーゲージというローン商品があります。自宅を担保にして資金を借り入れる商品で、主に老後資金を確保するために使われます。高齢になっても完済できていない住宅ローンの返済金額を工面するために利用する人が目立ち、高齢化社会に伴って利用や問い合わせが増えています。以前は高額の不動産しか担保にできない場合が多かったのですが、東日本銀行など比較的最近になって参入した金融機関は不動産評価額が1000万円以上もあれば利用できます。

わざわざ自宅を担保にしなくても、フリーローンなど別の銀行ローンを使って老後資金を手にすればよいと考える人も多いですが、リバースモーゲージの返済方法には他にない特徴があります。なんと生きているうちに返済する必要がなく、契約者の死後に担保不動産を売却した代金で一括返済するのです。通常のローンは借り入れたらすぐに返済が始まるため、老後資金を借りても月々の返済金額を用意するために生活がカツカツになります。リバースモーゲージはそんな返済のプレッシャーがないのです。

東日本銀行は担保不動産の評価額によって融資限度額が設定され、最低でも500万円以上の借り入れを行うことができます。不動産評価額が高いほど融資限度額は多くなり、数千万円の枠をゲットできることもあります。金融機関によっては資金使途が制限されることもありますが、東日本銀行のリバースモーゲージは自由に資金を使うことができるため、生活資金や娯楽などリタイア後の人生を楽しむ軍資金にすることができます。

しかしリバースモーゲージのような不動産担保ローンは、担保不動産の価値が下落すると融資限度額も減ってしまいます。融資限度額が実際に利用した融資金額を下回ると差額を返済しなければならないため、一気に生活が困窮する可能性があるのです。または予想以上に長生きすることで生活費がかさみ、生きている間に融資限度額を使い切ってしまうケースもあります。家族でよく相談して、商品内容を確認してから慎重に利用しましょう。