いろいろな銀行の多様な使い方

旧中央三井信託銀行ユーザーと三井住友信託銀行

旧中央三井信託銀行店舗で取引できる商品

経営統合後も旧中央三井信託銀行の店舗で取引している利用者はたくさんいます。しかし経営統合後しばらくは、三井住友信託銀行の一部の金融商品、サービスが利用できないというデメリットがありました。そこで三井住友信託銀行は全店舗に共通する新システムを導入し、旧中央三井信託銀行もシステム移行によって一部の金融商品、サービスが新たに利用できるようになりました。

新たに利用できる金融商品、サービスの中でオススメなのは、トラストプレミアムサービスです。三井住友信託銀行との取引に応じて優遇サービスが受けられるというもので、円定期預金の金利上乗せや手数料の割引など利用者に人気の高い優遇内容が特徴です。三井住友信託銀行では複数の会員サービスを提供していますが、トラストプレミアムサービスは個人の利用者ならば誰でも利用できるという使いやすさもポイントです。

ただしトラストプレミアムサービスではローン商品や投資信託に関する優遇サービスがないため、これらの金融商品を多く利用する利用者にはメリットが少ない恐れがあります。たとえば三井住友信託銀行では住宅ローンやカードローンといったローン商品も提供していますが、住宅ローン金利の引き下げなどの優遇を受けるにはキャンペーンなどを活用しなくてはなりません。

システム移行で複数の預金商品も新たに利用できるようになりました。総合口座、定期預金、外貨定期預金など人気の高い預金商品です。これらの預金商品は資産運用に使われることが多いため、利用者にとっては選択肢が広がることになります。ただし口座開設手続きの前には店舗窓口でよく説明を聞きましょう。使えるようになったからといって急いで利用せずに、必要な金融商品だけを利用しましょう。