いろいろな銀行の多様な使い方

旧中央三井信託銀行ユーザーと三井住友信託銀行

三井住友信託銀行の預金商品

中央三井信託銀行と住友信託銀行の経営統合によって発足した三井住友信託銀行は、預金業務の規模が国内トップレベルで、円定期預金や外貨預金などを利用することができます。マイナス金利の影響で定期預金の店頭表示金利を引き下げる金融機関が増えていますが、それでも普通預金より高金利なので預けて損はありません。三井住友信託銀行の預金商品を活用して上手く資産運用を行いましょう。

オススメの預金商品は新型定期預金グッドセレクトです。満期日まで中途解約することなく利用すると、スーパー定期預金よりも適用金利が高くなるという特徴があります。預入期間は最長でも5年なので、使う予定のない余裕資金ならば中途解約せずに運用できます。金利タイプは固定金利と変動金利の2種類がありますが、預入期間中に適用金利が変わらない固定金利の人気が高い傾向にあります。

昨今は若者を中心に貯蓄を行う利用者が増えていますが、三井住友信託銀行の財形貯蓄を利用すると確実に積立を行うことができます。財形貯蓄は給与から天引きされる形で毎月積立を行うため、自発的に口座振替したりするよりも簡単にお金が貯まっていくのです。財形貯蓄には一般財形とは別に住宅財形、年金財形といった種類もあり、所定の用途に預入金額を使うと一定金額分までが非課税になるというメリットがあります。

三井住友信託銀行で定期預金を利用する際は、トラストプレミアムサービスと併用すると効果的です。三井住友信託銀行との取引に応じて優遇サービスを受けられるというもので、定期預金を優遇金利で利用できるのです。ただし2年以上の預入でないと優遇金利が適用されないため、短期運用には向かないというデメリットもあります。短期運用を行う際には定期預金の金利優遇キャンペーンなどを活用しましょう。