いろいろな銀行の多様な使い方

メガバンクの基本

各メガバンクの特徴

数ある金融機関の中でも預金量、融資量ともに莫大な規模を誇る銀行グループであるメガバンクは、就職人気ランキングに常に上位にランクインしている人気企業です。銀行業界を志望する学生はもちろん、その平均給与額の高さや事業規模の大きさ、安定性からも多くの学生の目指すところとなっています。

そのため競争率も非常に高く、多くの就職活動生の中から勝ち抜いてメガバンクに就職するためには、銀行別の特徴をしっかりと把握し、業界分析を行わなければなりません。

今や銀行業は、預金業務や融資業務だけではありません。グループ力を駆使して収益を上げていくとともに、各行の強みを活かした金融サービスの提供を行っています。

三井住友銀行が中核となる三井住友フィナンシャルグループは、他行に先駆けて中小企業向けのビジネスローンの取扱いを開始するなど、リテール業務や投資銀行業務に強いという特徴を持っています。東京に本店を置いていますが、住友グループが拠点を持つ関西圏でも強い基盤を築いており、首都圏や近畿圏、中京圏を中心に展開しています。

三菱東京UFJ銀行は、元々はUFJ銀行と東京三菱銀行が合併して誕生した銀行です。上司がどの銀行出身かによっても支店の雰囲気が変わってくるでしょう。三菱UFJフィナンシャルグループの中には、三菱UFJ信託銀行や三菱UFJモルガン・スタンレー証券、アコムなど多くの企業が傘下に入っています。国際業務に強く、銀行志望の学生でなくても、グローバルな業務をしたいという方にもやりがいのある銀行です。

また、三菱東京UFJ銀行はネット専業銀行の着手も比較的早い段階で行いました。KDDIと提携し、auをはじめとする携帯電話利用者向けに預金口座や決済、消費者金融等の取引が提供できるじぶん銀行を設立し、現在多数設立されているネット銀行の先駆け的存在の一つとなりました。

みずほ銀行は、メガバンクの中で唯一、全都道府県に支店を持つメガバンクです。店舗数が多いため利便性が高いという強みがあり、中小企業や個人との取引も多く、自治体業務にも強いという特徴があります。また、宝くじ業務を行っているのもみずほ銀行だけです。みずほフィナンシャルグループの傘下にある企業として、みずほ信託銀行やDIAMアセットマネジメントなどが挙げられます。

また、2004年より開始した「みずほマイレージクラブ」は大手銀行の中でも初のポイントカード制度を本格展開したことで注目を浴び、金利収入面以外での顧客拡大ツールとして大きな役割を果たしています。