いろいろな銀行の多様な使い方

メガバンクの基本

メガバンクと地方銀行

普通銀行の業務には、普通預金や定期預金取引で顧客の資金を預かる預金業務、振込や小切手などの代金取立を行う為替業務、各種ローンや事業性融資を行って顧客に貸出を行う融資業務という3つの柱があります。そして、かつては証券会社や保険会社等の金融機関でしか取り扱えなかった投資信託や保険などの金融商品販売業務も加わり、経営が成り立っています。

三大メガバンクと呼ばれるみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行でも、各地域にある地方銀行においても、こうした銀行業務の内容は同じですが、営業エリアや得意とする業務が異なっています。

メガバンクは東京や大阪に本部や本店を置き、首都圏をはじめ日本全国に店舗を展開しています。また、海外にも拠点を置き、世界規模でネットワークを拡げています。大手上場企業を中心とした法人の資金調達のために、銀行融資を行うことも業務の大きな柱です。

もちろん、中小企業や個人顧客との取引も多いですが、メガバンクの地方店舗の場合、一つの支店が対応するエリアが非常に広いため、その地域の隅々まで個別に対応していくことが難しいというのも実情です。また、金融業界にある他の企業の中でも格段に年収が高く、全国に転勤があるのも大きな特徴です。

以前は、メガバンクのATMや支店は市街中心部にしか設置されておらず、地方住民にとっての利便性という面では地銀の銀行口座の方が優勢でしたが、最近ではコンビニエンスストアのATMでメガバンクの口座の入出金も対応できるようになり、この問題は解決しつつあります。

一方、地方銀行は特定の地域を営業基盤としており、地域密着型の営業を得意としています。個人や地元中小企業を中心としたリテール営業に軸を置いており、地域経済の活性化のために総合的な金融サービスを提供することを使命としています。

地方銀行では、地域の顧客へきめ細かいフォローを行うことによって長年に渡って親密な関係を築くことができ、地元のネットワークを活かして収集した情報を、新たな案件の開拓やビジネスマッチングなどの収益へと繋げることができるという大手銀行にはない強みもあります。

最近ではインターネット支店を開設する地方銀行も増えており、全国どの地域に住んでいても地方銀行の預金口座を開設することが可能になりました。様々なキャンペーンを実施することにより、楽天銀行やソニー銀行などのネット専業銀行並みの金利を提供する銀行も多く、遠方に住む預金者の口座開設も増えています。