いろいろな銀行の多様な使い方

使いやすい富山第一銀行

富山第一銀行の2つの口座開設

富山第一銀行では2種類の方法で口座開設することができます。口座開設とは普通預金などの預金商品の口座を開くことで、金融機関を利用するのに欠かせない取引です。通常の金融機関は店舗窓口でしか口座開設できませんが、富山第一銀行ではインターネットを使った口座開設と店舗窓口での口座開設のどちらかを選べます。最近はインターネットでの口座開設が人気ですが、両方にメリットがあるため状況に合わせて使い分けるとよいでしょう。

富山第一銀行のインターネットを使った口座開設は、来店の手間を省けるのが最大のメリットです。金融機関の店舗窓口は営業時間が短いため容易に来店できない人も少なくありません。富山第一銀行ならばインターネットと郵送を使って自宅から口座開設できるのです。ただし最初にインターネットから申込みしたあとは郵送で取引するため、取引が完結して口座が使えるようになるまで日数がかかるというデメリットがあります。

店舗窓口での口座開設は、逆にその場で口座開設が完了するというメリットがあります。本人確認書類や印鑑を持っていく必要がありますが、その場で通帳とキャッシュカードを渡されて口座が使えるようになります。そのため急ぎで口座開設したいときに最適です。しかし仕事などで多忙なときに来店するのを億劫に思う人もいるため、時間に余裕があるならばインターネットによる口座開設でも充分でしょう。

通常はこのようなインターネットバンキングやインターネットを使った取引は、地方銀行やメガバンクなどの大手銀行よりもネット銀行のほうが充実しています。ネット銀行では預金商品だけでなく投資信託やローン商品なども全てインターネット上で取引するのです。対面で取引しないことを不安に思う人もいますが、預金商品に上乗せ金利がついたり振込手数料が安いというメリットもあって人気です。しかし第二地方銀行である富山第一銀行は地域金融機関としての地域密着型経営とインターネットを使った取引を両立させ、両方のメリットを利用者に提供することができます。