いろいろな金融機関(銀行・信金)の多様な使い方

使いやすい富山第一銀行

富山第一銀行の投資信託のメリット

最近の高齢者に人気の高い金融商品の1つが投資信託です。富山第一銀行では退職金定期預金や年金定期預金など、高齢者向けの金利上乗せ定期預金を取扱っていますが、どれも初回満期日を過ぎると金利上乗せサービスが終了してしまいます。ひとしきり定期預金を利用し終わった高齢者がさらに資産運用を行うために、投資信託が利用されているのです。また投資信託はファンドの購入金額が多いほうが分配金を得やすいため、退職金や貯蓄など運用資金が多い高齢者のほうが余裕を持って利用できます。

富山第一銀行で投資信託を行うならば、インターネット投資信託がオススメです。インターネット投資信託とはファンドの購入と解約、運用状況の照会などをインターネットで行うことができるサービスです。いちいち店舗窓口に行かなくても取引できるため、リアルタイムの運用が可能です。また店舗窓口での取引に比べて申込手数料が割引されるため、コスト削減の効果もあります。NISAなどの非課税措置が人気を集めているように、投資信託のコツは低コストな運用です。インターネット投資信託を使って割安でファンドを購入しましょう。

富山第一銀行ではインターネット投資信託だけでなく積立投信やNISA、ジュニアNISA、特定口座などのサービスも一緒に利用することができます。これらは投資信託を低リスクで利用したり、非課税で利用したり、確定申告を簡単に行ったりというメリットがあります。富山第一銀行ではこれらのサービスを併用することで、一層お得に投資信託を利用することができるのです。

投資信託は人気上昇中の金融商品ですが、預金商品などに比べて専門性が高いためか、口座開設したものの取引されないケースが少なくありません。とくに富山第一銀行のような地方銀行はネット証券会社などと違って最初から投資信託目当ての利用者は少なく、勉強不足の場合が多いのです。投資信託を利用する前に店舗窓口で基本的な仕組みやリスクを確認しておきましょう。

CONTENTS

定期預金の金利で豊かな生活!?